スナップボタンを付けてみよう。

no-collar-coatは前あきにボタンホールをあけます。
ですが、冬コートはどうしても厚手になってしまうので、ホームソーイングでは困難な方もいらっしゃると思います。
そんな方におすすめなのがこちら!



スウェードクルミスナップボタン / シルクスナップボタン

コートやニットに使用するスナップボタンです。コートの生地に合わせてお選び下さい。

本来ボタン付けと、ボタンホールをあけることで前身頃と前見返しを固定する役割を担っています。
スナップボタンを使用する場合はどのようにして前身頃と前見返しを固定するのかをご紹介していきます。

 
ボタンを用意します。右前身頃に付けていきます。

1.手縫い糸を長め(約120cm〜140cm)に用意します。使用するボタンが4つ穴の場合は140cmくらいが良いと思います。
針に糸を通したら二本取りにします。
2.ボタンを縫い付けたら、糸を裏側に出して玉どめします。糸は切らないでください。

 
3.中心(玉どめした場所)に針を刺し、上に引き出します。(前身頃はすくわない。前見返しのみに刺します)

 
4.スナップボタン(凸)の中心に待ち針を刺します。
5.前見返しに針を刺し、続けてスナップボタンにも針を刺す。

   
6.糸を途中まで引き、残った糸が輪になったところで、この輪に右から左に向かって針を通します。


7.同じ穴に3回繰り返したら次の穴の脇に針を刺して糸を引きます。同じように縫い付けていきます。


8.3か所縫いつけたら中心の待ち針は外してOKです。

  
9.全ての穴に縫い付けたらスナップボタンの端で玉どめします。針を反対側に引き出して少し引っ張ります。
玉どめがスナップボタンの裏に隠れたら糸を切って完成です。

 
10.左前身頃にはスナップボタン(凹)を同様に縫い付けていき、最後は裏側で玉どめをします。


完成です。

no-collar-coatのパターンはこちらで販売しています。
 
▲ up