糸のはじまりは楽しみのはじまり。
糸さえあれば、なんでもできる。

京都の絞り鹿の子商で修業を積んだ横田長左衛門が糸の製造と行商を始めたのが明治34年のこと。「どんなに時代が変わっても、暮らしを支えるのは手縫い糸だ」と信じた横田夫妻が工夫を重ねて作り出したのが、高品質の絹カタン糸でした。
カタンとはコットン。絹のような光沢を持ちながら、丈夫で、糸の通りがなめらか。夫妻はそんな「絹のような木綿糸」を作ろうと考えたのです。この最高級品に七転び八起きのダルマ印をつけたところ、その評判は口コミで全国に広がり、やがてどこの家庭の裁縫箱にもおさめられるようになりました。

創業から100年以上経った現在、日常のなかで手縫い糸が必要とされる場面は少なくなりました。しかし「縫う」という手仕事の喜びやあたたかみを、そしてダルマ糸の魅力を多くの人に伝えたい。そんな想いから生まれたのが、ダルマ家庭糸の新ブランド「DARUMA THREAD」です。ダルマの糸は誰かを思う気持ち、ささやかな暮らしをいとおしむ気持ちを思い出させてくれます。

DARUMA THREAD/ダルマスレッド

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 12商品中 1-12商品
  • 次のページ
  
  
  
▲ up