ループ返し を使ってつくってみよう。



フリルブラウスのボタンバージョンはループを9本手作りします。この作業が苦手という方、多いと思います。
そこで、お助け道具「ループ返し」を使ってつくってみよう。


ループ返し。ループターナーとも言います。これをループ布に通したらループ返しの爪(レバー)を生地にしっかり刺します。


かぎ先とレバーで布端をつかんだら中に引き込むだけ。はい!くるりんぱ!で完成です。あとは長さをカットして使います。


 ルーパー でつくってみよう。


当店で販売している ソフトルーパー/セッパ
生地と合う色が見つかったら是非活用してみて下さい。程よい伸縮性があるのでボタンの取り外しがスムーズです。


前中心にルーパーの縫い代を1mm程重ねてミシンでとめます。


後はレシピ通り、前見返しを重ねてミシンをかけたら、前中心を切り込みます。


見返しを裏側に返してミシンをかけます。


 スプリングホック でつくってみよう。

ルーパーは伸縮性がある為、手作りループに比べてネック部分が開き気味になります。
気になる場合は スプリングホック を付けると襟元が綺麗におさまります。もちろん手作りループでつくった場合でもおすすめです。


スプリングホックはメス(受け側)オス(かける側)があり、アイテムによって付ける位置が異なるので気を付けましょう。
フリルブラウスの場合は裏側からみて左がメス、右がオスになるように付けます。
糸は1本取りでボタンホールステッチを繰り返します。先にオスを付けて次にメスを付けます。


フリルブラウスのパターンはこちら




  • はじめての方へ
  • メールが届かない、というお客様へ
  • 2022年12月
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    2023年1月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    定休日 臨時休業日